« 車より大切ななカー・オーディオ | トップページ | 悩ましいマルチ(5.1)・チャンネル »

2006年6月16日 (金)

オーディオ選びは楽しい

私はオーディオ・ファンではなく音楽ファンです。でも「いい音楽」を聴くのに「いいオーディオ装置」が欲しい。そういう意味でオーディオにも興味があるのです。
オーディオの世界は上を見ればキリがない。専門誌には、例えばスピーカーで言えばBMW525に近い値段のものが平気で紹介されている。ごく平均的なサラリーマンにはとても手が出るものではないと思うのだけれど、実際に使っている人のインタビューが載っているから、買う人は買うのです。趣味の世界は不可思議ですね。
前回の「・・・粋道」の著者も生活に響くくらいお金を掛けたようです。そして読者へ忠告しているのですが、「オーディオにはお金を掛けすぎるな」・・・他のものを犠牲にしてまで装置にお金を掛けすぎるのは馬鹿げている、音楽を楽しむのに充分な程度にしておきなさい、ということのようです。
それではどれ位かけるのが適切か?スピーカーで言えば、新卒社員の初任給の3倍ぐらいは投資して欲しい、と言うのです。最近は、低価格低級と高価格高級に2極化しているけれど、この中ほどがホントに音楽を楽しむ人が狙うべき水準だというのです。
丁度2年前、退職を目前にして、記念にスピーカとアンプを新調したのですが、こんな話しは全く知らずに、もしかしてこれが最後かも知れないと思ってかなり張り込んだ積もりで購入したのが次のシステムです。
スピーカー  デナウディオ CONTOUR S3.4(デンマーク製)
アンプ    アキュフェース E-408(日本製)
このスピーカーはたまたま石原氏の推奨水準にぴったり合う価格(+α)で、今頃、これで良かったんだと、追認できたという感じです。
なお、アンプはそれまでサンスイの一応名器の系統のものを使っていましたが、古くなったし、この新しいスピーカーを鳴らすには力不足だと、販売店のK氏に言われて一緒に買い換えました。
名古屋では、最近、高級オーディオ専門の店がめっきり減って寂しいことです。いわゆる量販店には上質なものは全く置いてありません。それでも嬉しいことに大須のアメ横に1軒本格的なオーディオの店が残っていて、そこの親切なKさんとトコトン聴き比べを行ないました。もちろん自分がいつも聞いているCDを試聴用に持参して。きっと2時間ぐらいスピーカーを換え、アンプを換え、CDを換え・・・
私には絶対的な選定基準などありません。「ヴォーカルが美しいかどうか」、そして「生き生きとした音楽が生み出されるか」ぐらいのいいかげんなもの。聞き比べるうちに、好き嫌いが出て来る。何処が好きか?と聞かれても説明に困るけれど。例えば、「①無難だけれど、没個性」「②派手ではないが個性的」「③メリハリがあり、艶やか」といった差があるとしたら、今回選んだのは、②と③の中間ぐらいのものだと思います。
当時、オーディオ誌で強く推薦していたものは①に近い感じで、まるで面白くないのです。要は不特定多数に推薦するとすればそうならざるを得ないのでしょう。
オーディオではやはり試聴は大切ですね。
ところでスピーカーにはエージングという要素が大きく影響する。新品の状態では全くいい音がでないのです。使えば使うほど音はよくなる。だから中古スピーカーを買うのも有力な手ではある。販売店のK氏は、「暫らくは毎日8時間は鳴らしてください。外出する時は音量を下げてもいいから鳴らしっぱなしにしなさい」と言った。そこまではやらないけれど、普通でも毎日2~3時間はCDを聴く生活なので、女性ヴォーカルの艶やかさとか、オーケストラの各楽器の音の分離・重畳などで、かなり良くなって来たなと感じるこの頃です。
Contours34 E408







|

« 車より大切ななカー・オーディオ | トップページ | 悩ましいマルチ(5.1)・チャンネル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/10546704

この記事へのトラックバック一覧です: オーディオ選びは楽しい:

« 車より大切ななカー・オーディオ | トップページ | 悩ましいマルチ(5.1)・チャンネル »