« オーディオ選びは楽しい | トップページ | 西洋中世美術史入門講座を受けて(その2) »

2006年6月18日 (日)

悩ましいマルチ(5.1)・チャンネル

私のオーディオのグレードアップは道半ばです。音の入り口であるCDプレーヤーが残っている。現在使っているのはデンオンのDCD1650GL。スピーカー買い替え時に検討したのですが、かなり年数を経ているにもかかわらず、未だに10万円程度のクラスにおける推奨機種となっていることが分かりました。スピーカーとアンプの水準に合わせるにはもう一段階上のものが望ましいのですが、問題がもう一つありました。それは、新しい音楽記録メディアSACD(スーパー・オーディオCD)が大分普及してきており、プレーヤーを買い換えるならこれらも再生できるコンパチブル機がよいと思うのですが、2年前の時点では高価な割には決定的な機種が存在しなかった。(SACD専用機ではいいものがあったが)
だから私のシステムに合うコスト・パフォーマンスの良いものが出るまで待つことにしたのです。最近、どうなったろうか?SACDのソフトも結構発売されるようになったし、そろそろ行動に移るべきか?
ところで、スーパー・オーディオCDは、何が通常のCDと違うか?
①高音質であることと②マルチ・チャンネルが利用できること、の2点である。同じ12cmのディスクで収容できるデータ量が7倍に増えているからできることである。
技術的な細部を述べるのが目的でないので、あまり立ち入らないようにするが、①の高音質化は大歓迎である。滑らかな波形を持つ原音をデジタルで録音するということは、ある間隔で波形をサンプリングするしかない。この間隔が狭ければ狭いほど原波形に近くなるということです。何のことは無い、高音質への努力というのはアナログに近づけることか?それならばLPレコードで良かったのでは?いやLPレコードは録音方式はアナログだけれど、技術的(特にノイズの問題)に完全に原音を再現することはとても難しいのです。前回述べたスピーカーの試聴の時、SACDも比較試聴した。綾戸智絵のヴォーカルがとても印象深かったのを覚えている。元来、人間の声には強い個性がありますが、それはとても複雑な音波形のなせる業です。
一方、②のマルチチャンネル化はどう評価すべきか?私にとって、とても悩ましい。もし、マルチチャンネルを再生しようとするなら、スピーカーを2本から5本もしくは6本にふやさねばならないし、アンプもマルチチャンネル用のものに買い換えねばならない。そこまでする価値はあるだろうか?2年前、スピーカーとアンプを買い換えるときにも同じことを自問自答した。モノラルからステレオ(2チャンネル)へ変わった時ほどのインパクトは無いし、今後すべてのCDがSACDになってマルチチャンネル録音になるという気配も全くない。個人的にも、もともとマルチチャンネル録音など存在しなかった60年代や70年代の録音のものを多く聞いているのだし。
そういう訳で、2年前に出した結論は、「当分の間、2チャンネルのシステムで割り切ろう」だった。現時点でも考えは変わらない。ただし、2チャンネルのままでSACDプレーヤーを導入する意義はあるのだろうか?マルチチャンネルで録音されたものを2チャンネルで再生するとどういう音になるのか?よく分からないのです。
なお、テレビもデジタル時代に入り、音声も5.1チャンネル化され、映画館並みの音響効果が得られるというのだが、私としてはあまり興味は無い。映画の醍醐味はストーリー展開であり、俳優の個性や演技なのだから。

|

« オーディオ選びは楽しい | トップページ | 西洋中世美術史入門講座を受けて(その2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/10578464

この記事へのトラックバック一覧です: 悩ましいマルチ(5.1)・チャンネル:

« オーディオ選びは楽しい | トップページ | 西洋中世美術史入門講座を受けて(その2) »