« きねこさ祭り...今年は豊作&大吉 | トップページ | 国立新美術館でポンピドー・センターの所蔵品を見る »

2007年3月13日 (火)

日経の日興上場廃止記事について

東証の判断は上場継続だった。日経の報道は極めて断定的だったから、上場廃止を前提に動いた株主や顧客が多かったと推測される。
顧客(吹けば飛ぶような)の一人としてどうすべきか大分あれこれ考えていた。「分別保管で顧客資産は守られています」というパンフが送られてきたりすると、逆に心配になったりする。以前に自己廃業した山一の時はどうだったか、などと思い起こしてみる。もっとも、日興は山一の受け皿としてできたようなものだから、山一の顧客がそのまま日興に居るケースが多いらしい。
信用力が低下して思うように業務が出来ないようなら、顧客としても妙味は無い。しかし、シティ・グループの支援話が浮上して、なんとか最悪は免れそうだし、逆に顧客サービスが多様化して面白いかもしれない、と考え得る状況になった。

上場廃止必至から上場継続に、状況は反転。シティ支援の話しはどうなるのだろうか?日興株を大量に買い占めた外国のファンドの動向は?顧客としてはどう考えればよいか?
そもそも、日経の報道が早すぎたのではないか?その後の内外の大きな動きで、東証が判断を変えた可能性もある。いずれにしても、日経は誤報のそしりを免れないだろう。今日の紙面で言い訳が出ていた。東証幹部は廃止の方向を確実に示唆していたと言うのだが。大げさに言えば日経の報道は歴史を変えたかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先週、名古屋市農業センターの「しだれ梅まつり」に行って来た。月始めに行った人たちから既に満開だったと聞いていたから覚悟はしていたが、「落花盛ん」という看板を眼にするとさすがに気勢がそがれた。それでも700本もしだれ梅があるから、まだしぶとく花を残しているものもあり、なんとか写真に納めることが出来た。
それにしても、しだれ梅はどこにピントを合わせればいいのか?
S_41



Photo_169



Photo_170

|

« きねこさ祭り...今年は豊作&大吉 | トップページ | 国立新美術館でポンピドー・センターの所蔵品を見る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/14247834

この記事へのトラックバック一覧です: 日経の日興上場廃止記事について:

« きねこさ祭り...今年は豊作&大吉 | トップページ | 国立新美術館でポンピドー・センターの所蔵品を見る »