« 動物写真は難しいが、楽しい | トップページ | 名残の夏...賞味期限が切れないうちに! »

2007年10月 7日 (日)

「あいちのかおり」収穫中!/案山子は美人だった

高蔵寺ニュータウンの周りは家が増えたが、少し離れるとまだまだ田園が残っている。久しぶりに稲田の道を車で通過したら、あちこちで収穫が行われていました。
カメラはリコーのCaplioしかなかったが、とりあえず何枚か撮影したのでブログに載せておきましょう。
収穫作業中の農家のヒトに聞くと、「今年はできがいい」と、にっこり。品種は何ですか?と聞くと、「“あいちのかおり”じゃ、コシヒカリ、あきたこまちの次ぐらいにうまいぞ」との答え。
私の家は、もう十数年来、“あきたこまち”だった。惚れ惚れするほど見事に実った、黄金色の稲穂を眺めているうちに、何故ほかの県の米を食べるんだ、これを是非食べなくっちゃ、と思い直したことでした。

ところで愛知県ではどんな米が作られているのか?この答えは「春日井市立神屋小学校のホームページ」を見るのが早い。あいちのかおりが35%、コシヒカリが27%、祭の晴が14%...の順だそうだ。地域分布図も出ていて、とても興味深い。
PhotoPhoto_2Photo_3 
収穫作業は大変ではありましょうが、農家の人たちはみんな表情がとても明るい。
写真も気持ち良く撮らしてもらえた。





Photo_4Photo_5Photo_6   
同じ場所で、彼岸花、コスモス、すすきが見られるのは贅沢だ。
以上、すべてリコーCaplio GX100で、10月7日撮影。

この付近では本格的な案山子は少ないようだ。あまり鳥たちに効果がないからだろう。光るテープやカラスの死体を模擬したと思われる黒いビニールの切れ端は至る所で使われている。そんな中でユニークなのをひとつ見付けたので、ここに載っけておこう。
ネットを調べてみると、案山子の写真のギャラリーがあった。ちょっと古いけれど、面白いものがたくさん紹介されている。しかし、こんなのは無い。最新型だろうか?ひとつは道路をむいて立っているのは、鳥よりも我々に見てもらうことを想定している?
Photo_8
この写真のみ9月6日、ニコンD80で撮影。
勝手に美人案山子と呼んでいるのだが!?

|

« 動物写真は難しいが、楽しい | トップページ | 名残の夏...賞味期限が切れないうちに! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/16691000

この記事へのトラックバック一覧です: 「あいちのかおり」収穫中!/案山子は美人だった:

« 動物写真は難しいが、楽しい | トップページ | 名残の夏...賞味期限が切れないうちに! »