« 猿がコンピュータをたたく時... | トップページ | 贅沢な花見...カワセミと対面 »

2008年3月24日 (月)

当地(春日井)の桜も開花寸前!

22日に名古屋の開花宣言があったようだが、尾張平野の北端に位置する当地春日井市は例年通り3~4日は遅れるだろう。
今朝のウォータンの散歩は雨の中、きやつはレインコートで完璧に身を固めているからいいのだが、私は結構濡れてしまった。しかし、ちっとも冷たくはない。暖かく柔らかな雨だ。
散歩ルートのあちこちにある桜がつぼみを大きく膨らませて赤いものものぞくようになった。もう時間の問題だ。
桜を待つこの気持ち、独特のものがありますね。
まもなく、友人達から花見の日程を伝えてくるでしょう。28日は定例の写真教室の日だが、名古屋市内の庄内緑地公園に桜を撮りに行くことになっている。それから、今年は是非、京都の桜の名所を訪ねたいと思っている。忙しくなりそうだ。

これが本日の当地の桜の状態です(24日11時am)。
R0011864
肝心のつぼみにピントが合っていない。



以下は、近くの公園でのスナップです(22~23日)
Photo
寒緋桜(カンヒザクラ)がその名の通り緋色の花を枝いっぱいに咲かせていた。


Photo_2Photo_3
元気いっぱいの子供達。全身濡れねずみになって水遊びする子もいた。


Photo_4
木登り娘。ボールが木に引っかかった。
石をぶつけたりしたが落ちてこない。しばらくすると若者が通りかかり、木に登って二人で揺すり落としました。

|

« 猿がコンピュータをたたく時... | トップページ | 贅沢な花見...カワセミと対面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/40620392

この記事へのトラックバック一覧です: 当地(春日井)の桜も開花寸前!:

« 猿がコンピュータをたたく時... | トップページ | 贅沢な花見...カワセミと対面 »