« シルクロードの旅その1(ホータン)...いきなりタクラマカン砂漠! | トップページ | シルクロードの旅その3(カシュガルⅡ)...ウィグルの人たちとの距離感が縮まる »

2009年5月31日 (日)

シルクロードの旅その2(ホータンからカシュガルへ)...砂嵐、青空トイレ、羊の競り、鍛冶屋バザール、刀匠の街

ホータンに2泊後、〝シルクロード西域南道〟に沿って中国の最西端の都市カシュガルに向かった。バスによる520kmの大移動だったが、道は良く、途中、葉城、ヤルカンド、イエンザギルなどの小さな街に寄りながら、21時30分頃にカシュガルの宿に着いた。
問題があるとすれば、砂嵐に見舞われること。出発後しばらくして空が薄暗くなり、遠くには砂の竜巻も見え始めた。舗装道路の上を飛砂が波のように押し寄せる。写真も撮ってみたが、これは動画の方が迫力があると思われた。砂嵐がひどくなると、見通しがまったくきかなくなり、バスも大幅に遅れることになるが、幸い大事に至らず、というか砂嵐の地帯を抜けてしまったようで、以後、円滑に進行できた。

そう言えばもうひとつ問題があった。とにかく何も無い砂漠を突っ走るのだから、どうしても青空トイレを設定せざるを得ない。男である私にはまったく支障はないのだけれど!
砂漠と言っても、起伏はあるし、時折、人工物(ちょっとした橋梁など)もあるので、運転手がうまく〝場所〟を探して止めてくれる。
なお、後日、南疆鉄道に乗る時、駅のトイレを使用したが、凄まじいの一言。それに比べれば砂漠の青空トイレの、なんと〝清々しい〟ことか!?

いずれにしても、この520kmの移動はちっとも苦にならなかった。今、〝シルクロードの西域南道〟を走っているのだ、という事実を前にすると、興奮すら覚えた。
時折、名もないような小さなオアシスと村を通る。ある村の中心地では「羊の競り」をやっているのが見えた。ある村では、ポプラ並木がとても綺麗だったので写真ストップして、ロバ車の通りかかるのをしばし待ち受けた。
途中の比較的大きな街、ヤルカンドでは鍛冶屋が集まるバザールを見学。また、「ナイフの故郷」イエンザギルでは、芸術的な細工がなされた素晴らしいナイフを見る。

カシュガルの宿は、当地でも最高級と言われる〝色満賓館〟だった(三つ星)。ロシア領事館を改装したというだけあって、外見はなかなか立派。
ホテル前の道路は広く立派だが、歩道はあっても未整備で、付近の家並みも至って粗末というか、これが標準的な居住環境だろう。朝、ホテル前の荒れた歩道では朝飯を提供する屋台が出ていて、パリッとした服装のOLが数人、食事中だった。この対比が今の中国の現実なのだ。
昼間はこの屋台はシシカバブ売りに早変わりする。試しに1本食べてみたらとても旨かった。

Photoシルクロード早わかり図。あるガイド本から拝借。
カシュガルは中国最西端の都市。
国境線のあちらは、キルギスタン、タジキスタン、パキスタン。

Photo_2Photo_3 タクラマカン砂漠を行く。
右は砂嵐の気配。舗装道路の上を水が流れるように砂が飛んでいる。


Photo_4何時間も砂漠を走って、突然、小さいオアシスに入るとホッとする。砂漠との落差の大きさがすごい。
ガイド書に必ず載っている〝ポプラ並木の中をロバ車が行く写真〟 にチャレンジしたが、なかなか難しい。

Photo_6S_3ロバ車は時折しか現れないし、現れても反対方向(並木の美しさが劣る)だったり。また、思いがけないほどスピードがあり、遠くだと思っていてもあっという間に通り過ぎる。一番問題なのは、ツアーメンバーが思い思いに動くから、カメラマンが写ってしまう恐れがあることだ...自分だけならもっといい写真が撮れたのに!...(勝手ですね)。

Photo_7Photo_8昼食をとった〝葉城電力賓館(ホテル)  〟
家族で麻雀をやっていた。



Photo_9ホテル前には輪タクが客待ちしていた。これは通りを走る輪タク。




Photo_10Photo_11ある村を通過中、中心部で〝羊の競り〟が行われているのに出くわす(車窓からの撮影)。



Photo_12トラクターで羊運搬中。


Photo_13Photo_14Photo_15カシュガルに近づくにつれてロバ車が多くなる。



Photo_16手持ちの地図にも載っている比較的大きな街ヤルカンドに到着。ここのバザールは鍛冶屋が集まっていることで有名だ。



Photo_17Photo_18




Photo_19Photo_20鍛冶屋以外の何ものでもない。




Photo_21Photo_22ここは〝男が主役〟のバザールという感じ。カメラを向けると、時折、鋭い眼差しが返ってくる。
鍛冶屋に混じって、木製の装飾を作っている店もある。


Photo_24ヤルカンドの街に入る手前で思いがけなく大きな川を渡る。ヤルカンド川とヤルカンド大橋。この橋の全長は560mもある。

Photo_23カシュガルの南70kmの小さな街イエンギザルに到着。古くからウィグルの刀匠が集まり、名刀を生み出す地だった。



Photo_25Photo_26店にはため息の出るような美しい細工のナイフが並ぶ。




Photo_27Photo_33520kmを走破し、カシュガル到着は21時30分。未だ明るい。
三つ星ホテル〝色満賓館〟はロシア領事館を改装したもの。広い敷地内には領事館の看板がかかった建物があった。
Photo_28Photo_29一方、ホテルの道路を挟んだ向かいはこんな感じ。混沌の極み!というべきか?



Photo_30朝9時。公には北京時間が使われるが、西の最果て新疆ではさらに2時間遅れるはずで、実際には7時だ。ホテル向かいの屋台で朝食中のビジネス・ウーマン達。
(朝起きると外は暗く、夕方は10時頃まで明るい、この異常な時間感覚には最後まで悩まされた)
Photo_31色満賓館の斜め向かいには立派な〝カシュガル第一中学〟があった。




 

|

« シルクロードの旅その1(ホータン)...いきなりタクラマカン砂漠! | トップページ | シルクロードの旅その3(カシュガルⅡ)...ウィグルの人たちとの距離感が縮まる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/45184205

この記事へのトラックバック一覧です: シルクロードの旅その2(ホータンからカシュガルへ)...砂嵐、青空トイレ、羊の競り、鍛冶屋バザール、刀匠の街:

« シルクロードの旅その1(ホータン)...いきなりタクラマカン砂漠! | トップページ | シルクロードの旅その3(カシュガルⅡ)...ウィグルの人たちとの距離感が縮まる »