« ミャンマー旅行で見たもの3...インレー湖の〝筏祭り〟を見る(2009.10.6) | トップページ | ミャンマー旅行で見たもの5...バガンの日の出、日の入りはやはり美しかった »

2009年11月 2日 (月)

ミャンマー旅行で見たもの4...椰子や棕櫚のある風景、仔羊騒動

ミャンマー(ビルマ)らしい風景を醸し出すものの一つに椰子の木や棕櫚の木がある。「椰子の木に囲まれた家」は、私の中で、ビルマの風景の固定観念のようになっていましたが、バスで田舎(特に山あい)を走っているとよく見かけました。

Dsc_8257s椰子の木に囲まれた民家。




PhotoPa121478sこちらは棕櫚の木。樹液を採取しているところ。
幹の上部、葉っぱの付け根あたりに傷を付けて樹液を取る。12時頃までに集めたものがとても甘く、固めて黒砂糖を造る。また、これを発酵させて蒸留すると、40~45度のお酒が出来る。
その製造所に立ち寄った時の写真。場所はポッパ山の近く。

Sこれが持ち帰った棕櫚酒と樹液の黒砂糖。
棕櫚の葉で包装されているが、中身の瓶は、ウイスキーの瓶の再利用でした。「Grand Royal Specal Reserve Whisky」のラベルがそのまま。これぞミャンマー式。


ちょっとしたエピソードを。
これは、インワからマンダレーに向かっていた時のこと。田舎の街道を延々と走って、途中、売店のあるところでトイレ休憩をした。
道路の向かい側にも数軒の売店や休憩所があって、地元の人達が利用するところのようだった。何気なく観察していると...

S_2Photo_2向かいの店のベンチに居る子供に気がつき、「ミンガラーパー(こんにちは)」と言って、写真を撮らせてもらう。



Pa070952s 前を荷車が通る。笑顔で挨拶してくれる。




S_3 突然、羊の群れが走り抜けた。




S_4 羊の最後尾。少年が何かを見つめている。




S_5 突然走り出し、羊の親子を群れから引き出す。




S_6 仔羊を抱きあげた。




S_7 家族の居る家へ向かう。
先ほどの姉が弟の方へ飛んでくる。



S_8Photo_3 少年は、母親に仔羊を渡した。
隣に若い嫁さんとその赤ちゃんが。



S_9 赤ちゃん喜ぶ。めでたし!
(仔羊は二匹になった)



10sこれを見ていたツアーの女性メンバーに、「抱いていいよ」と仔羊を渡してくれる。



はからずも、自然な形で地元の人々と交流が出来た。
なお、この一連の写真の記録を見てみると、僅か4分間の出来事でした。

Dsc_7596Dsc_7597ワンダフル!
花の名前を忘れたが、ミャンマーのいろんな所で見かけた。たいがい民家の玄関先などに栽培されている。 

|

« ミャンマー旅行で見たもの3...インレー湖の〝筏祭り〟を見る(2009.10.6) | トップページ | ミャンマー旅行で見たもの5...バガンの日の出、日の入りはやはり美しかった »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/46621370

この記事へのトラックバック一覧です: ミャンマー旅行で見たもの4...椰子や棕櫚のある風景、仔羊騒動:

« ミャンマー旅行で見たもの3...インレー湖の〝筏祭り〟を見る(2009.10.6) | トップページ | ミャンマー旅行で見たもの5...バガンの日の出、日の入りはやはり美しかった »