« 〝ふれあい橋(人道橋)〟を渡ってみる...空はオリンパス・ブルーだった! | トップページ | 京都八坂神社の〝祇園さんの節分祭〟を見てきた...歌舞会の踊りが素敵だ »

2011年1月30日 (日)

〝非実用〟と謳われた野鳥図鑑を手に入れる...野鳥の撮影が楽しくなりそう!

犬や猫は昔から好きだったが、これまで鳥にはあまり関心がなかった。
それがカメラを持って歩くようになってから、鳥に目が行くようになった。意外に身近にいろんな鳥が居るのだなぁ。
しかし、かなりの望遠がないと、写真にはなかなか撮れない。最近、ニコンに加えてオリンパス(E-5)を導入したのは、望遠レンズが小型になる利点を考えたうえでの事でした。とりあえず多目的用としてED50-200mm F2.8-3.5を備えたが、鳥にはこれだけでは不足だから、いずれテレコンバーターを購入しようと考えている。例えば2倍のものを付加すれば、35mm判換算で800mm(200mm×2×2)相当の望遠になる。

先日も近くの公園で綺麗な鳥を見つけて思わずシャッターを切った。しかし、友人にメールで送ろうにも鳥の名が不明では恥ずかしい。ネットで「冬鳥」と、検索してなんとか探り当てた。それが写真の鳥で、多分、〝ジョウビタキ〟であろう。木の実を食べたい一心で、比較的近寄っても逃げなかったから、結構、鮮明に捉えることができた。(「友人からは〝ムギマキ〟ではないか」と返信が来たのですが!?)

こんな具合では情けないと、ジュンク堂へ鳥類図鑑を探しに行った。いろいろありますね。本格的なものから、子供向けまで。そんな中で、面白いのを見つけてしまった。
「原色非実用野鳥おもしろ図鑑/富士鷹なすび著」
これを、パラパラ見ているうちにどうしても欲しくなってしまった。タイトルに〝非実用〟と入れているところにまず惹かれるが、内容のユニークさは相当なものです。一応図鑑の様は呈しているのだが、イラストは、著者も言っているように、〝非常に怪しく、実物とかけ離れている〟のだ。しかし、大きくデフォルメされ、漫画チックになっていても、個々の鳥を深く知れば、見事に核心を捉えていることが分かるだろう。また、著者のイラストの全体的な特徴は、とにかく〝可愛く描かれている〟ことだ。多分、著者の鳥に対する愛情が自然に出ているのだろうと思った。
〝非実用〟とあるが、図鑑としてももちろん使えるし、何よりも機知に富んだ豪快なイラストを眺めているだけで心が慰められる。最高のエンターテインメントですね。

Photo 「原色非実用野鳥おもしろ図鑑」




Photo_2Sジョウビタキ 
右は私の写真(2011/1/21春日井市植物園)



Photo_3SS_2カワセミ 
右は私の写真(2011/2/2春日井市植物園)
輝くような空色が美しい

Img008ユリカモメ
よく知られた鳥だが、「カモメの皮をかぶったカラス」とは!





Photo_5Photo_7 とても変わった鳥もたくさん出てくる。   
ヤイロチョウ イラストが秀逸
右はウィキペディアの写真

|

« 〝ふれあい橋(人道橋)〟を渡ってみる...空はオリンパス・ブルーだった! | トップページ | 京都八坂神社の〝祇園さんの節分祭〟を見てきた...歌舞会の踊りが素敵だ »

コメント

いつも拝見しております。
さっそく原色非実用野鳥おもしろ図鑑買いました。
情報ありがとうございました。
これからも写真撮り続けてください。
楽しみにしております。

投稿: まみくま | 2011年2月 6日 (日) 17時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/50726549

この記事へのトラックバック一覧です: 〝非実用〟と謳われた野鳥図鑑を手に入れる...野鳥の撮影が楽しくなりそう!:

« 〝ふれあい橋(人道橋)〟を渡ってみる...空はオリンパス・ブルーだった! | トップページ | 京都八坂神社の〝祇園さんの節分祭〟を見てきた...歌舞会の踊りが素敵だ »