« 半田矢勝川の彼岸花は200万本!...田んぼは黄金色 | トップページ | 大須大道町人祭〝おいらん道中(2011)〟...三枚歯の高下駄で八文字歩き »

2011年10月15日 (土)

ネットラジオとICレコーダー...AMラジオ放送をMP3で録音したい

一周遅れの話題かもしれませんが、9月1日からNHKラジオのインターネット放送が始まった。AMの第1と第2、FMの三波だが、私がよく聞くのはAMの方だ。特に第2放送の語学番組を断続的だが10年ほど聞いている(英語だったりイタリア語だったり)。
民放のネットラジオ(radiko)は一足早く、当中京地区では今年4月に始まっているが、こちらの方は私は関心がなかった。とにかくNHKの放送開始を待ち望んでいた。

ところで、語学放送を継続して聞こうと思うと、録音出来ることが必須だ。これまで、録音機能付きの小型ラジオで対応してきたが、これがローテクで、カセットテープを使うものだった。
MP3のようなデジタルの形式で録音されれば、お出かけの日はウォークマンやiPodに移して外に持ち出せるのだが!
仕方がないので、毎月NHKが出す番組のCD版を購入して、ウォークマンにぶっ込み、電車の中、喫茶店などで聞くと言うスタイルを取ってきた(高コスト!)。
そんな折、ラジオ放送録音に特化したICレコーダーが存在することに、つい最近、気がついた。たとえばSONYの〝ポータブル・ラジオレコーダーICZ-R50(2011/2発売)〟。
受信した放送をMP3で録音し、内蔵メモリーにファイルの形で保存してくれる。もちろん、パソコンと繋げることができ、さらにウォークマン(iPodでも良い)にドラッグでコピーできる。
これはいいものがあったとばかり、飛びつきました。
使ってみると、なかなか調子がよい。幾つもの予約録音も簡単にできる仕組みになっていて、録音後は勝手に名前付きのフォルダに振り分けてくれる。そのうち、新たな挑戦をやってみようかな、と言う気にもなってきた(中国語ぐらい)。

ここで、うっかりしていたな、と思ったのは、NHKがネットラジオ(〝らじる★らじる〟)を始めたのなら、これを直接録音すれば良いじゃないか!
調べてみると、民放のradikoの方に対応する録音ソフトはかなり充実しているようだが、NHK対応はまだボツボツのようだ。また、懸念される問題点も幾つかある。対応OS(セブンのみ?)やパソコン常時待機など...予約した番組がネットで保存され、後で取り込むと言うようなスタイルは夢なのか?
結論として、選択支としてはネットラジオの録音もあるが、今のところICレコーダーを採用した方が無難のようです。

さて、今日も出かけた折りにスタバへ寄って、コーヒーを飲みながら、録音済みAM放送を聞くことにしよう。

Iczr50
SONYポータブル・ラジオレコーダー ICZ-R50
〝録音済みファイル〟〝ファイル消去〟など、見慣れぬボタンがある...


|

« 半田矢勝川の彼岸花は200万本!...田んぼは黄金色 | トップページ | 大須大道町人祭〝おいらん道中(2011)〟...三枚歯の高下駄で八文字歩き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/52998390

この記事へのトラックバック一覧です: ネットラジオとICレコーダー...AMラジオ放送をMP3で録音したい:

« 半田矢勝川の彼岸花は200万本!...田んぼは黄金色 | トップページ | 大須大道町人祭〝おいらん道中(2011)〟...三枚歯の高下駄で八文字歩き »