« アサギマダラとダイミョウセセリ...OM-D E-M1+フォーサーズレンズで撮る | トップページ | Philippe Ramette(フィリップ・ラメット)という写真アーティストに驚く...あいちトリエンナーレを見て »

2013年10月21日 (月)

〝ぴっころ〟3か月の誕生日を迎える/今年のなごやまつりは?

〝ぴっころ〟が我が家へやって来て間もなく1か月になる。先週金曜日、生後3か月目のワクチンを打ちに、初めて獣医へ行く。体重は3.4Kgから5.4Kgに増え、順調に育っていることが確認できた。骨格もしっかりしていて大きくなりそうだ、と言われ、育ての親としてはほっとした次第。
精神的にも日々成長していることを、彼とのいろいろなやりとりを通じて実感している。僅か3か月と思えぬほど意思が通じるし、遊びや悪戯もどんどん高度化!している。
今は、日に一度は庭に出して思い切り走り回らせているが、そろそろ外へ散歩に出ようかと考えている。

        ★――――――★――――――★

この19、20日は秋祭りのピークで、各地で魅力的なお祭りが催された(はずだが、日曜日が雨だった)。
豊田の挙母祭りか蒲郡の三谷祭はぜひ行ってみたいと思っていたが、天候が悪いのと、仔犬の〝ぴっころ〟を飼い始めたばかりで、長時間家を空けることに不安があるので、手近な名古屋まつりや大須大道町人祭に行くこととした。
家を出るときにはあまり気が乗らなかったのに、祭りの現場に到着する頃には身も心も爽快になっているのが不思議だ。なごやまつりのパレードなどは何回も見ているはずなのに、眼の前を通って行くと、体の中に熱気が自然と湧いてきます。

パレードでは、バトントヮラーが派手にバトンをほうり投げるシーンを撮ってやろうと狙ってみた。願わくば空中に舞うバトンと美しい女性が両立するショットを!
結果として、1枚だけ、それに近いものが撮れたと思う。

大須大道町人祭では、どうしても「おいらん道中」がメインになってしまう。
今回は時間もなかったので、大道芸人の技1~2に絞って、撮ってやろうと考える。大急ぎで幾つかの会場となっている小広場を駆け回る。最後に着いた大須観音境内では、中国雑技芸術団のバランス技をやっていて、これがスリルがあってよかった。
写真の被写体としてどうかという以前に、ショーとして素晴らしかった。美人(これが必須条件!)の演技者が椅子をどんどん自分で積み上げながら高みへ登って行く。椅子が鐘楼の屋根の高さぐらいに積みあがったところで、倒立などの演技をするのです。

くどくど説明するのはやめて以下、写真で...

《ぴっころ 10/21撮影》
002s027s




013s005s




《オアシス21・・・「棒の手」実演より 以下、すべて10/19撮影》
S




S_2なんとなく面白い




《なごやまつりパレードより》
S_3
美しきバトントヮラー



《大須大道町人祭より》
おいらん道中
S_4S_5たまたま通りかかった
とりあえずのショット







中国雑技芸術団
S_6この日もっとも多くの観衆を集めたと思われる




S_7どこまで積むの?








S_8S_10屋根より高く








ちんどんや
S_13S_14あのにぎやかな音...大好きだ
(お馴染みの一行でした)

|

« アサギマダラとダイミョウセセリ...OM-D E-M1+フォーサーズレンズで撮る | トップページ | Philippe Ramette(フィリップ・ラメット)という写真アーティストに驚く...あいちトリエンナーレを見て »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/58428969

この記事へのトラックバック一覧です: 〝ぴっころ〟3か月の誕生日を迎える/今年のなごやまつりは?:

« アサギマダラとダイミョウセセリ...OM-D E-M1+フォーサーズレンズで撮る | トップページ | Philippe Ramette(フィリップ・ラメット)という写真アーティストに驚く...あいちトリエンナーレを見て »