« 春は駆け足で...たった1輪のカタクリと名古屋城の満開の桜 | トップページ | 〝ジャケット・アート〟あるいは〝ジャケ買い〟     CD(レコード)は聞くものか ?見るものか? »

2015年4月 5日 (日)

黒川友禅流し...主役は〝さくら〟か、それとも?

昨日、黒川友禅流しがあった。

この時期には、犬山祭りなど春祭りが各地で行われていてどこへ行くべきか迷う。 何処へ行っても、桜も一緒に鑑賞できるが...

不意に、黒川の桜のトンネル、川を横断して据えられた特設の真っ赤な桟敷舞台、その上で三人の女性が琴を演奏する、あのシーンに無性に会いたくなった。
「黒川友禅流し」で行われるこの琴の演奏は、いわば余興だが、わたしにとってはこれがイベントの全てと言っても良いくらいなのだ。
音楽的にというより、視覚的に強烈な印象を受けるのです。
いずれにしても、ぜいたくなイベントだと思う。 〝さくら〟〝友禅流し〟に加えて、こんな粋な〝演出・・・真っ赤な舞台上での琴の演奏〟が楽しめるなんて。

当初、雨の予想だったが、薄日がさしてきて、写真を撮るにも条件が良さそうだ。 いざ!

        ☆      ☆      ☆

黒川(下流は堀川と呼ぶ)は名古屋市内を縦貫している人工水路(運河)。
お城など、名古屋開府のために作った、歴史あるもの。
昔、この北端部分に名古屋友禅の工場があった。そして目の前の黒川で 染め上った友禅の反物の糊取り作業が常時見られた時代があった。
これを再現する祭りで、今回が15回目だそうだ。

PhotoPhoto_2主催者のあいさつ







Photo_3Photo_4地元高校生のブラス演奏




Photo_5Photo_6琴の演奏
春の海ほか






Photo_7




Photo_9Photo_8演奏者退場









Photo_10Photo_11友禅流し
地域の学生や子供たちが糊とりの実演



Photo_12Photo_13







Photo_14Photo_15最後に吊るす




Photo_17Photo_18宝船流し




Photo_19








Photo_20黒川の美しい桜のトンネル
宝船が流れていく...




|

« 春は駆け足で...たった1輪のカタクリと名古屋城の満開の桜 | トップページ | 〝ジャケット・アート〟あるいは〝ジャケ買い〟     CD(レコード)は聞くものか ?見るものか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/61394515

この記事へのトラックバック一覧です: 黒川友禅流し...主役は〝さくら〟か、それとも?:

« 春は駆け足で...たった1輪のカタクリと名古屋城の満開の桜 | トップページ | 〝ジャケット・アート〟あるいは〝ジャケ買い〟     CD(レコード)は聞くものか ?見るものか? »