« 名古屋ウィメンズマラソン37km地点の記録...野口みずきさん、ありがとう | トップページ | 私の見た〝今年のさくら〟...黒川友禅流し、五条川ほか »

2016年3月21日 (月)

スプリング・エフェメラル(春の妖精)を追い求めて...福寿草、ショウジョウバカマ、カタクリ

スプリング・エフェメラルという言い方は何処まで浸透しているのだろう?
言葉の本来は意味は〝春の儚いもの〟だが、春先に花をつけ、夏までの短期 間葉をつけ、あとは地下で過ごす一連の草花を言う(Wikipedia)。
はかなく、美しい様子から〝春の妖精〟とも呼ばれる。

幾つかの特徴がある。
人間の影響を受けて出来た落葉広葉樹林、つまり里山が生育環境として適し ているので、ヒトにとって比較的身近な存在でもある。
また、すべてが虫媒花である。そのせいか、植物体の割に大きめの花が付く。
希少種で有名なギフチョウはカタクリ、ショウジョウバカマの蜜が大好きだ。
また、福寿草の場合、花弁は日光を花の中心に集める役割で、その熱でハナ アブを誘引する。このため太陽光に応じて花弁が開閉する...

実は小生、毎年、春まだきのこの時期、カタクリ、福寿草、ショウジョウバカ マを追い求めていたのだが、これらがスプリング・エフェメラルとしてくくられて いる植物群という意識は全くなかった。
ホントにちっぽけな草花だけど、目を近づけてみると驚くほど美しい。確かに〝 春の妖精〟たちですね。
折角、写真に撮ったので掲載することにしました。

《福寿草》
09Photo3月3日名古屋市農業センターにて撮影




Photo_2




Photo_3目の高さからは、こんな感じ




《ショウジョウバカマ》
0520563月19日春日井市植物園にて撮影




022




Photo_4目の高さより




《カタクリ》
039053_2これは昨年の写真(春日井市植物園)
今年のものに近々入れ替えます。



2016Photoこちらは今年。
3月26日撮影(同じ場所)







|

« 名古屋ウィメンズマラソン37km地点の記録...野口みずきさん、ありがとう | トップページ | 私の見た〝今年のさくら〟...黒川友禅流し、五条川ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/63375291

この記事へのトラックバック一覧です: スプリング・エフェメラル(春の妖精)を追い求めて...福寿草、ショウジョウバカマ、カタクリ:

« 名古屋ウィメンズマラソン37km地点の記録...野口みずきさん、ありがとう | トップページ | 私の見た〝今年のさくら〟...黒川友禅流し、五条川ほか »