« 鶴舞公園のハスが見ごろです...蓮は泥より出でて泥に染まらず | トップページ | 帽子のファッションショー...「尾張名古屋の職人展」より »

2016年8月24日 (水)

夕暮れのストリートダンス...2016広小路夏祭りにて

先週末(8/20〜21)、広小路夏祭りがあった。
名古屋の都心、広小路通りには、屋台がビッシリと並ぶ。
17時、先ずは、恒例の打ち水が行われる。そして、パレード。
幾つかのブラスバンドが先導し、バトントワラー、なごや昇龍みこし、阿波踊りや越中おわら流しなどの踊りの集団、青森ねぶた...と続く。
例年と変わりないなぁ!何か撮るものは?
楽隊の中にひときわ大きなスーザフォンが見えて来た。目の前に来る。
と、輝く楽器表面に物の見事に街の風景が映り込んでいるのに気がつく。
とっさにシャッターを。
パレード自体はほとんど撮らず、観客の一人に徹した。

パレードが終わるころ、日は沈み、夕闇が街を覆う。
これからが本番!
広小路通りの主要部分8か所に作られた特設ステージで、いろいろなライブが夜遅くまで行われる。

ひとつだけ狙っていたステージが。
「プレミアム・ストリートダンス」
文字通り、広小路の車道にカーペットを敷き、ビルを背景に踊るのだ。
少しばかり赤味が残った空と、明かりがともり始めたビルを背景に、若いダンサーたちが躍動する...
そんなイメージを頭に描いていたのです。
さて、その写真の首尾はいかに?

夕方で光が少なく(スポットライトはある)、被写体の動きは早い。
難しいですね。
見た目と同じ暗さにするため、露出をEV-1.0とする。
絞りはパンフォーカスにしたいからF6.3まで絞る。
シャッター速度が十分得られるよう、ISO感度は3200に。
これでも、かなり被写体ブレが出るが、動きを表現できるからいいかも?

暗くなってきた...家でワン公が待っているから、後ろ髪をひかれる思いで帰路に就く。

3077s




3078s




4124s




5091s




6112s




1s








2s



|

« 鶴舞公園のハスが見ごろです...蓮は泥より出でて泥に染まらず | トップページ | 帽子のファッションショー...「尾張名古屋の職人展」より »

コメント

いい写真、いつも通りですね。

投稿: | 2016年8月30日 (火) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/172334/64103497

この記事へのトラックバック一覧です: 夕暮れのストリートダンス...2016広小路夏祭りにて:

« 鶴舞公園のハスが見ごろです...蓮は泥より出でて泥に染まらず | トップページ | 帽子のファッションショー...「尾張名古屋の職人展」より »