« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月に作成された記事

2017年4月29日 (土)

野鳥を追って...バードウオッチングに参加

15日、バードウオッチングの入門講座に参加した。4~6月で3回行う計画の第1回。
何を思ってか?

直接のきっかけは、写真クラブの先生が代表をしている野鳥撮影グループの写真展を見に行くよう指示されたこと。凄いの一言だった。先生いわく...鳥の写真ってのは、飛んでいるか、餌を咥えていることが条件だ...まさにそんな写真がずらりと並んでいるのだ。
驚きとともに、とても面白く、なかにはアートなものもあり、感銘を受けた。
そして、自分が、野鳥についてほとんど無知だったことを思い知った。

どこにどんな鳥がいるのか?見つけたとしても名前もほとんど分からない。生態は?
少しは勉強しよう、と言うわけでバードウオッチングの講座に行ってみたのです。
同時に、写真を撮るにはどれくらいの機材が必要なのかも知りたかった。

場所は、名城公園だった。都会のど真ん中!
2時間ほどで、オオルリ、キビタキ、ヨシガモ等々...
探鳥のベテラン・リーダーが目を凝らして探しだしてくれるのです。
入門講座ではなく本格的なバードウオッチングの会では、テクニックを持つ多数の眼で探すので、見つけ出す確率は大幅に高くなるものらしい。

ところで、鳥との距離感は?高い梢の先端に居る場合もあるが、目の前数mぐらいのところに飛んでくる場合もある。しかし写真に撮るには最低600mmは必要だと感じた。

以下にオリンパスEM1で最近撮った鳥の写真を載せておきましょう。
レンズは75-300mm(150-600mm相当)が主体です。

S「花筏(はないかだ)-コサギ」




S_2カワセミ




Photo







005sシジュウカラ




049sジョウビタキ




S_3




S_4ルリビタキ(雌)




S_5




91sコゲラ








S_6ハクセキレイ




014sキセキレイ




S_7ヨシガモ




S_8コガモ




Sマガモとホシハジロ




「飛んでる、餌をくわえてる」は宿題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

ショウジョウバカマ、ハルリンドウ、ヤマツツジ...春は順調に進行

春日井市の植物園「グリーンピア春日井」は愛知県の北端に位置するからソメイヨシノの開花は名古屋に比べれば遅いです。
4月5日に撮った写真で春の進行状況を報告しましょう。
例年どおり、ショウジョウバカマが風変わりな赤い花を、ハルリンドウが神秘的な青い花を咲かせています。そうそう、ヤマツツジ(三つ葉)も咲き始めましたよ。
桜もいろんな種類が栽培されていますが、いま、一番目立つのはカンヒザクラでした。その根元では若い女性たちがお花見をしていて、華やかさをいっそう盛り立てていました。

158sハルリンドウ




SS_2ショウジョウバカマ




S_3ミツバツツジ




182sカンヒザクラ




183s




S_4



S_5余りにも美しいので...

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »