« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月に作成された記事

2018年12月 9日 (日)

紅葉と黄葉...どちらも好きだ

紅葉と黄葉、どちらも好きだ。外国では黄色一色のところが多いと聞く。それでは詰まらないだろうと思う。
赤と黄、どうして違いができるのか?改めて調べてみると;

1.クロロフィル(緑)の分解
2.カロチノイド(黄色)の分解
3.アントシアニン(赤)の合成
の3つのステップの進み具合によって、色の変わり方が違ってくる...

例えば、1,2,3が同時に進行すると、緑から赤に変わる(黄色にならない)。
また、1の進行が遅く、2が進まず、従って3も進まないと、黄色に変わる。
さらに、1→2→3と順次進むと、緑→黄色→赤と、順次変わる。

ここ1〜2週間で私が撮った写真を以下に。
黄色 の代表はイチョウ。桜通りの日銀前の歩道橋が定番スポット。ビルをバックに大イチョウが映える。毎年行っているのに初めて気がついたのは、走行中の車に黄色が映り込むこと。

赤の代表はありきたりですが鶴舞公園の池端のモミジ。太陽を透かす角度で 見ると、それはそれは美しい赤だった。 見た目の印象を写真で再現するのには苦労した。
このモミジの近くに、櫨(ハゼ)の木があって、こちらの赤は強烈という表現がぴったり。モミジと違って順光だろうが逆光だろうが、とにかく真紅に見える ところが凄かった。

Photo桜通りのイチョウ




Photo_2




Photo_3




Photo_4鶴舞公園のモミジ




Photo_5同ハゼの木




Photo_6桜...赤と黄が混じっている
(庄内緑地公園)



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »