« 栄ミナミ音楽祭’19...ミュージシャンとの一体感が楽しい | トップページ | 捩摺草=もじずりそう...ネジバナの別名 心乱れて... »

2019年5月23日 (木)

ルピナスの蜜を求めてクマンバチが...美しいけど怖い?

名城公園の一角にルピナス単殖の花壇があった。ピンク、赤、白...ぎっしりと花穂を立てて。遠くから花壇を見るとカラーフルなパンケーキのようだ。さて、どうやって写真を撮ろうか?
取り敢えず人物を添えにして数枚。そのうち気がついた。クマンバチがいっぱい居る!
リコーの28mm単焦点カメラGRで奮闘の末、飛んでる蜂🐝を何とか捉えることができた。
クマンバチは大きくて一見怖いが、性格は温厚で人には関心がないようだ。
それよりも、ルピナスの方が怖いぞ!
ルピナスの 名の由来はラテン語の「オオカミ」から来ているらしい。土地を壊すとか、意味合いは諸説あるがここでは触れない。何はともあれ、こんなに美しいのだから、素直に楽しめばいい。クマンバチも背中の黄色がとても美しいし...

隣の築山では、不思議な方法で水遣りをしていた。二人がチームで、長い長いホースを背負って。
S_122

S_123

S_126

S_124

S_125

S_127

|

« 栄ミナミ音楽祭’19...ミュージシャンとの一体感が楽しい | トップページ | 捩摺草=もじずりそう...ネジバナの別名 心乱れて... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 栄ミナミ音楽祭’19...ミュージシャンとの一体感が楽しい | トップページ | 捩摺草=もじずりそう...ネジバナの別名 心乱れて... »