« ネモフィラの色は? | トップページ | 栄ミナミ音楽祭’19...ミュージシャンとの一体感が楽しい »

2019年5月 5日 (日)

矢場町交差点のヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)が満開!...リコーGRで記録

リコーのGR片手に目抜き通りを歩いていた。矢場町交差点に差し掛かった時、樹冠に白い花をいっぱい付けた、街路樹にしては大きな木が目に入る。
ああ、そうだ、花の時期だったか。ヒトツバタゴ(なんじゃもんじゃ)。花が無ければ見過ごしてしまう地味な木。私は数年前にも花の時期に通りかかり、その存在は知っていたはずだが、不意を突かれて驚いた。
この花は弱々しく、風ですぐに飛んでしまうそうだから、見たい人は早めにどうぞ!
この「なんじゃもんじゃ」、近年よく見るようになった気がするが、その名前故に、人々が注目するようになっただけのことか?
改めて調べてみると、
ー日本では愛知県犬山市、対馬列島、岐阜と長野の県境など極限られた地域に自生するー
とある。そして絶滅が危惧されるほど個体数が少ないのだとある。
そんな事情を知った上で、精一杯花を着けているこの木を眺めると、とても愛おしくなってくるのでした。

以下に写真を。ヒトツバタゴの木は2本あります。(交差点を挟んで)
写真1交差点西南角
写真2交差点東南角
写真3西南角の木を角度を変えて見る
写真4上記写真にLightroomのプリセット「ソフトミスト」適用
写真5同じ写真にLightroomのプロファイル「ビンテージ2」適用

S_113
S_114
S_115
S_116
S_117

|

« ネモフィラの色は? | トップページ | 栄ミナミ音楽祭’19...ミュージシャンとの一体感が楽しい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ネモフィラの色は? | トップページ | 栄ミナミ音楽祭’19...ミュージシャンとの一体感が楽しい »