« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年3月に作成された記事

2020年3月28日 (土)

早咲きの桜エドヒガンが満開...名城公園「彫刻の庭」

Ss_20200328100501

3月26日、好天はこの日までと言う予想だったので、名古屋市内の桜の開花状況を見に行ってきた。
ソメイヨシノはせいぜい3~5分咲きと言うことは分かっていたので、カメラはリコーのコンパクト、GRⅢのみ。
案の定、名古屋城のお堀のソメイヨシノは写真にならなかった。お濠の中の菜の花ばかりが目立つ状況だった。
そこで、名古屋城正門の手前にある能楽堂の「彫刻の庭」へ。
ここにはソメイヨシノより1週間ほど早く満開になるエドヒガンの大木があるのだ。
予想通り、目指すエリアに近づくと、周りの雑然とした風景の中から白く輝く小宇宙が見えてきた。
ほぼ満開。花色はソメイヨシノのピンクより白いが、清楚で美しい。
知る人ぞ知るの銘木...訪れる人もまばら(外出自粛のムードのせいも?)。
結婚式用の前撮りのグループが撮影中で、白いウエディングドレス姿がエドヒガンの桜色に溶け込んで素敵な絵柄を提供してくれました。

| | コメント (0)

2020年3月15日 (日)

名駅前の歴史あるビルが消えゆく...息を呑むダイナミックな階上解体工法

Ss_20200315201601

JRゲータワーのエレベーターホールの窓から何気なく外を眺めると、道路を挟んで真向いに解体工事中の建物が見えた。リニア名古屋ターミナル駅の建設に伴うものだそうだ。跡地は新しい駅前広場になる?との情報もある。
この光景はとてもインパクトがある。全体がブルーの覆いで囲まれ、最屋上が今まさに解体工事中で、複数の重機が動き廻っている。いわゆる「階上解体工法」で、上から順次下へ解体して行く。全体を俯瞰できるなんて得難い機会と思う。
調べてみると、ネット上にはこの光景を写した写真が既に流れているが、工事は進行中であり、私が出くわした光景はその時その瞬間の状況であり、時々刻々変化して行くものだから、記録の意味上、同じような写真だが掲載しておこう(3月12日撮影)。
なお、解体工事中の建物は東洋ビルディングです。

| | コメント (0)

2020年3月13日 (金)

超遅咲きの梅に喜々としてメジロが群れる

S_20200313211301

S_20200313211302

我が家の紅梅が満開だ。八重の遅咲きで毎年、桜の開花に追い抜かれそう、と心配になるタイミングで咲くのだ。
花が他よりも極端に遅いことは、蜜にありつける期間が長くなり鳥たちには好都合なのかも知れない。
いろんな鳥が訪れる。とりわけメジロが朝な夕なに来る。
メジロは花の蜜や果汁が大好きで、「はなすい 」と呼ぶ地方もあるとか。意外と人を恐れず近寄れるが、せわしなく動くので写真は撮りにくい。何羽か群れでやって来るので、選り好みしていると、シャッターチャンスを逃してしまう。
10回シャッターを押して合格は2枚。
そのうちに、枝から飛ぶ瞬間を撮ってやるぞ。

| | コメント (0)

2020年3月 4日 (水)

名古屋で桜の一番咲き!...東区泉2(~3)丁目のオオカンザクラが満開です

S_20200304161305
S_20200304161301
S_20200304161302
S_20200304161303 
S_20200304161304
名古屋で桜の一番咲き!
写真は東区泉2丁目のオオカンザクラの並木道の3月3日の様子です。名古屋で最も早く咲く桜として有名ですが、今年はとりわけ開花が早くもう満開に近くなりました。
桜通泉の交差点から北へ1.4km続く桜並木道には140本のオオカンザクラと寒緋桜が植えられています。薄ピンクのオオカンザクラが続き、時折緋色の寒緋桜がアクセ ントを添える...背景となる両側の建物も端正で、なかなか見応えがあります。
あまりの早さに出鼻をくじかれたか花見客は少な目だ。ジョギングする人、犬を散歩させる人などは、近くに住む人たちだろう。
大都会の真ん中で生活しながら花見が出来る...何ともうらやましいことです。


| | コメント (0)

2020年3月 2日 (月)

キンクロハジロ(金黒羽白)...金色の目を持つスタイリッシュな鳥

2/26名城公園
S_20200302212101 
(同拡大)
S_20200302212301

キンクロハジロってご存知ですか?カモの仲間で、漢名では金黒羽白と書きます。
冬鳥でユーラシア大陸から日本へ渡って来ます。数も多く、そう珍しい存在ではないらしいが、私は最近まで知らなかった。
バードウオッチングの教室を2シーズン受けたものの、この鳥には出逢えなかった。それが、先日、名城公園の池で...
やけに黒と白のコントラストが 目立つスタイリッシュな鳥が泳いでいるな。そして気がついた。 金色の目!…キンクロハジロだ。
この目の色は写真でもしっかりと捉えられている。
専門家に言わせれば、金色ではなくて黄色だとおっしゃるが、現に漢名が金だからね。
そして、私の興味は、羽の色の黒と白がどの様に描き分けられているのか?だった。
羽ばたきをしてくれないかな。飛んでってしまってはよく分からんか?
そうこうしているうちに、池の遠くへ泳いで行ってしまい、見失なってしまった。
家へ帰って図鑑を調べた。何と格好がいいこと!実際に見たかったなぁ…

S_20200302212302 (日本の鳥百科(サントリー)より)



 

| | コメント (0)

« 2020年2月 | トップページ | 2020年4月 »