« 超遅咲きの梅に喜々としてメジロが群れる | トップページ | 早咲きの桜エドヒガンが満開...名城公園「彫刻の庭」 »

2020年3月15日 (日)

名駅前の歴史あるビルが消えゆく...息を呑むダイナミックな階上解体工法

Ss_20200315201601

JRゲータワーのエレベーターホールの窓から何気なく外を眺めると、道路を挟んで真向いに解体工事中の建物が見えた。リニア名古屋ターミナル駅の建設に伴うものだそうだ。跡地は新しい駅前広場になる?との情報もある。
この光景はとてもインパクトがある。全体がブルーの覆いで囲まれ、最屋上が今まさに解体工事中で、複数の重機が動き廻っている。いわゆる「階上解体工法」で、上から順次下へ解体して行く。全体を俯瞰できるなんて得難い機会と思う。
調べてみると、ネット上にはこの光景を写した写真が既に流れているが、工事は進行中であり、私が出くわした光景はその時その瞬間の状況であり、時々刻々変化して行くものだから、記録の意味上、同じような写真だが掲載しておこう(3月12日撮影)。
なお、解体工事中の建物は東洋ビルディングです。

|

« 超遅咲きの梅に喜々としてメジロが群れる | トップページ | 早咲きの桜エドヒガンが満開...名城公園「彫刻の庭」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 超遅咲きの梅に喜々としてメジロが群れる | トップページ | 早咲きの桜エドヒガンが満開...名城公園「彫刻の庭」 »