« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »

2020年6月に作成された記事

2020年6月23日 (火)

堤防の上は舞台だ...登場する役者は?(庄内緑地公園)

庄内緑地公園に行けば、なにがしかの写真が必ず撮れると言う確信みたいなものがあり、年間に数回訪れる。この日は、公園の南側を区切って作られた壮大な堤防上に次々と現れる人物を遠景で撮ることに狙いを付けた。レンズは望 遠端600mm相当(オリンパスだからそんなにかさ張らない)。Lightroomでレタッチ。

❶平和な行進
  愛犬が颯爽と先導しているのが微笑えましい。
  偶然にもシャッターの瞬間に大型の鳥が通り過ぎる。
❷パラレル
  堤防の上と下。パーフェクト・タイミング!
  f10でパン・フォーカス
➌アジサイと謎の人
  どこからともなく現れ、すぐに消える(堤防から降りる?)。
➍斜張橋とランナー
  幾筋もの斜めのケーブルが美しい。
  ランナーが来るのをひたすら待つ。
➎真夏の激走
  同じポイントの8月はこんな風になる。
  ノウゼンカズラとヒマワリが...何とも贅沢なコース!

S_20200623212301

S_20200623212302

S_20200623212303
S_20200623212304

S_20200623212305

 

| | コメント (0)

2020年6月18日 (木)

蝶と蛾のはざまで...ウメエダシャクVSコミスジ

我が家の庭でヤケに目立った色彩の虫を見つけた。名が分からない。こう言う場合、普通はどうやって調べるか?蝶はほとんど頭に入っているから、蛾と見当をつける。蛾は日本に3500種もいるからネェー、、、試行錯誤のうえ、「オレンジと黒、蛾」でヒット!
その名は「ウメエダシャク」。幼虫は尺取り虫で、ウメやサクラを食べる。成虫は花の蜜を吸う。何のことはない、蝶とおんなじだ。
そもそも蝶と蛾の違いは何か?
多くの人の認識は、「蛾は夜に飛ぶ」、「蝶に比べ派手」...と言ったところか?
専門家に言わせれば「触覚の形の違い」が決定的ポイントらしい。
簡単に言うと、蝶の触覚の先端はマッチ棒状、蛾の場合はすっきりと伸びている、ってとこか?

比較のために蝶の代表としてコミスジを出そう。翼の色調は黒と白。同じような配合だが模様は全然違いますね。
ここで色や絵柄がポイントではなく、触覚の先端に注目!
ウメエダシャクはやはり蛾なんですね。
しかし、私に言わせれば、「派手な雰囲気」一発で蛾だと認識してしまいますね。
一方、コミスジの三本筋模様は風格がある!?この三本筋ですが、実際は前翅と後翼それぞれ斜めに筋があるのですが、広げると一直線(三の字)になるという手の込んだ仕掛けになっているのが面白い。

《ウメエダシャク》

S_20200618211601
S_20200618212601

《コミスジ》
Ss_20200618212701

 

| | コメント (0)

2020年6月10日 (水)

鶴舞公園「あじさい散歩道」...富士X100V第2弾

季節は移り変わり、今日(10日)、東海地方は梅雨入りした。その前にと、昨日、鶴舞公園へアジサイ撮りに行ってきた。全長100m余の「あじさい散歩道」には3500本の紫陽花が植えられていて、なかなか見応えがある。いろんな品種があり、nature写真として楽しむのも良いが、鑑賞に訪れた人々を絵の一部として納めると粋なスナップ写真にもなりうるのではないか?
前回に引き続き、富士フイルムX100Vでの撮影です。

①ガクアジサイが好きです。宇宙のミニチュアを想起させて。(モノクロ版追加)
②「アジサイと女性」は、当然至極の狙い
③あじさい散歩道の整備員の方お二人が木陰で休憩中...微笑ましい風景
④何故かモンシロチョウが?こんな色彩なんですね、再認識。

S_20200610213501

S_20200610213502

S_20200610213601

S_20200610213602

S_20200610213603

S_20200610213604

 

 

| | コメント (0)

« 2020年5月 | トップページ | 2020年8月 »