« 蝶と蛾のはざまで...ウメエダシャクVSコミスジ | トップページ | ジャズ版ブルックナー5&7発売 »

2020年6月23日 (火)

堤防の上は舞台だ...登場する役者は?(庄内緑地公園)

庄内緑地公園に行けば、なにがしかの写真が必ず撮れると言う確信みたいなものがあり、年間に数回訪れる。この日は、公園の南側を区切って作られた壮大な堤防上に次々と現れる人物を遠景で撮ることに狙いを付けた。レンズは望 遠端600mm相当(オリンパスだからそんなにかさ張らない)。Lightroomでレタッチ。

❶平和な行進
  愛犬が颯爽と先導しているのが微笑えましい。
  偶然にもシャッターの瞬間に大型の鳥が通り過ぎる。
❷パラレル
  堤防の上と下。パーフェクト・タイミング!
  f10でパン・フォーカス
➌アジサイと謎の人
  どこからともなく現れ、すぐに消える(堤防から降りる?)。
➍斜張橋とランナー
  幾筋もの斜めのケーブルが美しい。
  ランナーが来るのをひたすら待つ。
➎真夏の激走
  同じポイントの8月はこんな風になる。
  ノウゼンカズラとヒマワリが...何とも贅沢なコース!

S_20200623212301

S_20200623212302

S_20200623212303
S_20200623212304

S_20200623212305

 

|

« 蝶と蛾のはざまで...ウメエダシャクVSコミスジ | トップページ | ジャズ版ブルックナー5&7発売 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 蝶と蛾のはざまで...ウメエダシャクVSコミスジ | トップページ | ジャズ版ブルックナー5&7発売 »